解答速報で司法書士試験の結果を知ろう【試験後すぐにチェック】

産業カウンセラーを取る

カウンセリング

大学を出なくても取得可能

心理カウンセラーになるために良い資格はいろいろとありますが、臨床心理士や公認心理師は大学院を卒業しなければ受験資格を得ることができません。心理カウンセラーを目指そうとする人の中には社会人になっている人もいますし、定年を迎えてこれから資格取得を目指そうとする人も多くいます。そのような人の場合、大学院へ進学数するのは時間も費用もかかって厳しいということもあります。大学で必要単位を取得して卒業と同時に取ることができる認定心理士という資格も、大学で指定されている授業を受けなければなりません。サイド大学へ進学するのも難しいという人には、この資格も厳しくなります。大学院へ進学も大学で勉強することも厳しいという人には、産業カウンセラーという資格を取るのが望ましいといえます。産業カウンセラーはその名の通り、労働にかかわる人の心のケアに努める心理カウンセラーの職業の1つで、それは大学を卒業していない人でも取得可能となっています。しかし取得するためには半年ほどセミナーに通い、心理学の授業やカウンセリングの実習など受け、必要単位を取得して試験に合格しなければなりません。それでも大学や大学院への進学に比べると、時間も費用も抑えることができます。心理カウンセラーとしての活動範囲は臨床心理士や公認心理師と比べて狭くなることもありますが、人の助けになりたいという気持ちを持つことができれば十分にサポートすることができる資格となります。

Copyright© 2018 解答速報で司法書士試験の結果を知ろう【試験後すぐにチェック】 All Rights Reserved.